資産運用の怖さって?

株・FXで学ぶ資産運用

資産運用の怖さって?

低金利が続き、貯蓄から投資へという政府や金融機関の掛け声にも後押しされる形で、今まで資産運用を特に行っていなかった人たちも資産運用を行うようになってきました。
資産運用を行う人たちは、大まかに言えば、退職金や年金を受給している引退世代と、別に職業を持っている勤労世代に分けることができます。

前者の人たちの場合には、あまり大きなリスクを取らずに、インフレリスクに負けない運用成績を目指せば良いと言えます。それ以上の成果を狙えば、もちろん成功した時には良いのですが、投資の世界ではリスクとリターンはマッチするのが一般的です。
高いリターンが期待できる商品はリスクも高いのです。こういった商品は、その後の勤労所得でカバーできる世代なら良いのですが、一部の資産家を除けば、非勤労者世帯には少々怖い面があります。

後者の、比較的若い世代の場合には、毎月一定の額で投資信託を買い付けたり、株の研究をして余裕資金の範囲内で投資するのも良い選択になります。仮に思ったような運用成績を得られなくても、長い時間があれば勤労所得と併せてリカバーすることも可能だからです。
また、若ければ若いほど、今後インフレが起きたときに、インフレで資産が目減りするのを回避する術を身に付けておいて損はないと言えます。

新着投稿

他のエントリー

リンク一覧

サイト説明

copyright(C)株・FXで学ぶ資産運用